top of page

Claude3のAnthropic APIをGoogle Colaboratoryから使ってみた

Claude3のAnthropic APIをGoogle Colaboratoryから使ってみた学習の記録です。


はじめに

本記事では、Google Colaboratory(略称: Google Colab)からClaude3のAnthropic APIを呼んでみたので記事にまとめました。

参考にした記事

Google Colab で Claude 3 の テキスト生成 を試す

Claude3のAnthropic APIとは

Anthropic社「Claude」のAPIが「Anthropic API」として公開されています。

私は個人的にClaudeを有償契約「Subscribed to Pro」しているのですが、別途でAPIを使うには契約が必要です。(といってもクレジットカードの登録だけ)

自分のClaude契約に付属しているのかと思ってましたが、OpenAIよろしく別契約になっています。


クーポンGETは忘れずに

$5のクーポンがもらえるので忘れずに・・・自分は忘れて$5を自前で課金してしまいました。


記事で分かり難かったこと

このANTHROPIC_API_KEYの設定をどこにするか?

# 環境変数の準備 (左端の鍵アイコンでANTHROPIC_API_KEYを設定)
import os
from google.colab import userdata
os.environ["ANTHROPIC_API_KEY"] = userdata.get("ANTHROPIC_API_KEY")

Google Colabの鍵マークの中に「シークレット」というのがあります。

ここの名前に「ANTHROPIC_API_KEY」という名前をつけて値に、ANTHROPICのSettingsの「API Keys」から取得したキーを格納します。

なお、このAPIキーは「Create Key」の時にしか取得できないので気をつけましょう。


Anthropic APIを試す

選べるモデル

クロード 3: 新世代AIモデルは下記の通りで、もちろん「Opus」を使います。

#

モデル

最新の 1P API モデル名

1

Claude 3 Opus(クロード 3 オーパス)

claude-3-opus-20240229

2

Claude 3 Sonnet(クロード 3 ソネット)

claude-3-sonnet-20240229

3

Claude 3 Haiku(クロード 3 俳句)

claude-3-haiku-20240307

やった内容

RAG的なソフトウェアを研究中ですが、ある程度のドキュメントを喰わせてどのような結果を返すか?試してみました。

殆ど同じような内容をWebアプリのClaude3でやってみているのですが、RAG的な実装をした場合どのように動くのか?APIコールで試してみています。


Claudeのアプリと違う所①

細かいオプション設定ができます。

これは、Workbench から指定出来るオプション類と当然一緒になっています。

この 

system

で「あなたは○○だ!」と性格付けするのは面白いですね。


Claudeのアプリと違う所②

当たり前ですが、全部が一度に返ってきます。 Webアプリでは回答がキー入力されているような雰囲気で少しずつ表示され、あんまり待たされていない気もしますが・・・上手いこと作ってありますね。


実行結果

実行速度

トータルではあまり差がありませんでした。(私がやった処理ではどちらも合計して25秒前後でした)


処理内容

内容については、若干違いますね。

傾向としては、

  • Claude(Webアプリ):丁寧で十分なテキスト量

  • Anthropic API:簡素で短くなりがち

という感じでした。


GPT4との比較

OpenAPIを叩いた比較ができてないので、今回は見送りとします。


最後に

APIとしての評価は、概ね満足しています。 claude3 OpusのGPT4にも負けない性能が確認できたと思います。

閲覧数:127回

Comments


bottom of page