ものづくり先端技術(IoT・AI等)導入支援事業の取り組みについて

更新日:1月12日



 プロンプト・Kがプロジェクトチームの一員として参画している鹿児島県の補助金を活用した受託事業「ものづくり先端技術(IoT・AI等)事業化支援事業」の取り組みが今年度で4年目となりました。

 本事業は、IoT・AI等の専門家によるプロジェクトチームが企業の課題を抽出し、IoT・AI等の導入可能性を調査した上で実証試験を実施、その後、調査結果を分析し、具体的なIoT・AI等の導入計画を策定するもので、これまでに9社の中小製造業者を支援してまいりました。(うち2社今年度支援中)



 中小製造業者単独での導入が難しいとされるIoT・AIやDX推進を、我々専門家プロジェクトチームがコンサルティングおよび事業計画作成のお手伝いまで行い、数々の成果を上げてきました。

次回、これまでの3年間の実績を簡単にご紹介したいと思います。

【DXはじめの1歩】ものづくり支援事業、過去3年間の取り組み実績とDXの現状

閲覧数:82回